TOP  > 最優秀学術賞および大会長賞

■ 最優秀学術賞および大会長賞


 家畜感染症学会では、学術集会において発表された一般口演の中から、参加者投票による最優秀学術賞と大会長推薦による大会長賞を授与し、 その業績を称えます。各受賞者には、その業績を表した受賞盾と副賞が授与されます。
最優秀学術賞受賞者一覧
年度受賞者氏名所属受賞演題名
2009松田 敬一宮城県農業共済組合連合会黒毛和種牛の冬季長時間輸送に対する保温ジャケットの効果
2010芝野 健一兵庫県農業共済組合連合会黒毛和種新生子牛の非感染性下痢における糞便中有機酸濃度の影響
2011松田 敬一宮城県農業共済組合連合会呼吸器病多発子牛育成農家における導入時チルミコシン経口薬の疾病予防効果
2012西  清二かごしま中部農業共済組合パスツレラとマンヘミアの農場内伝播様式の考察
2013根本  学日本中央競馬会総合研究所 栃木支所ウマロタウイルスに対する各種消毒薬の消毒効果の検討
2014辻  厚史宮城県農業共済組合連合会母子免疫におけるPED(豚流行性下痢)の被害軽減対策
2015帆保 誠二鹿児島大学共同獣医学部牛肺炎原因菌の特定と薬剤感受性
2016長澤 裕哉農研機構 動物衛生研究部門黄色ブドウ球菌性乳房炎における乳汁中乳腺上皮細胞の割合は乳腺組織の損傷を反映する
2017吉井  悠東京慈恵医科大学プロゲスチンによる黄色ブドウ球菌バイオフィルム形成阻害メカニズム
2018遠矢 良平宮崎県農業共済組合連合会投薬方法と飼養環境の見直しによる養豚場の抗菌剤使用量低減
2019芳賀  聡農研機構 畜産研究部門産褥期の乳牛における低VE血症と肝VE体内動態関連遺伝子の発現抑制

大会長賞受賞者一覧
年度受賞者氏名所属受賞演題名
2009安藤 達哉石狩NOSAI繁殖障害多発ホルスタイン牛群におけるボルナ病ウイルス感染と繁殖成績との関連性
2010篠塚 康典広島NOSAIらせん菌感染による空腸内肉芽腫を器質的要因とする成牛の腸重積症2症例
2011酒井由紀夫いとしま動物クリニックListeria monocytogenes が分離された牛流産事例について
2012桐野 有美宮崎大大学院・獣医寄生虫病肉用牛における出血性腸炎の病因解析
2013三山 豪士NOSAI山形哺乳子牛の疾病多発群と少ない群との栄養管理および栄養状態の比較
2014松田 敬一宮城県農業共済組合連合会子牛の単球貪食能および呼吸器感染症治療に対するチルミコシンの効果
2015関  瑞穂北里大学化膿性脳室炎により小脳ヘルニアを呈し起立不能に陥った子牛の一例
2016北野 菜奈酪農学園大学ホルスタイン種搾乳牛における前搾り乳汁の生菌数と体細胞数の量的推移
2017松田 敬一宮城県農業共済組合連合会黒毛和種肥育導入牛に対するウルソデオキシコール酸投与の影響
2018石川 真悟鹿児島大学牛肺胞マクロファージの病原体関連分子パターンに対する応答
2019松田 敬一宮城県農業共済組合連合会若齢子牛の呼吸器感染症多発農場における14日齢から開始するワクチンプログラムの効果



■ 家畜感染症学会功労賞


 家畜感染症学会では、家畜感染症学会の発展や家畜感染症研究に多大な貢献のあった会員に対して、その長年の功績を称え、家畜感染症学会功労賞を授与いたします。
家畜感染症学会功労賞受賞者一覧
受賞者氏名所属
第001号(2015年)小岩 政照酪農学園大学
第002号(2015年)林  智人農研機構 動物衛生研究所
第003号(2015年)大塚 浩通酪農学園大学



TOP  > 最優秀学術賞および大会長賞